サンプルサイト

幼児教育の無償化とは

幼児教育の無償化についてご存知でしょうか。文部科学省が提案している、幼稚園や保育園に通う3歳から5歳までの幼児教育について、平成20年までに無償化を実現しようとする動きのことです。この制度が完全に導入されることによって、幼児をかかける家庭では経済的な負担を心配することなく幼児教育を受けさせることができるようになるものの、どのように財源を確保するのかなど課題となる問題もあります。

この幼児教育の無償化に関する反応は賛否両論です。幼児を抱える家庭にとってはとてもありがたい話として好意的に受け止める反応が多くあります。また、幼児教育の大切さを信じている人々にとっても、これからの国を支える大切な人材を育てるうえで幼児教育を充実させることは財源確保に苦労したとしてもぜひとも実施すべきという考えもあります。さらに、幼児教育に費用がかからないという事実は、少子化対策にとってもとても大切で長い目で見ると日本の経済を支える施策となるという見方もあります。

一方で、幼児教育の無償化の前に、保育店や幼稚園の数が足りないため、待機児童の問題をなくすことのほうが先決という見方もあります。さらに、収入格差がある中ですべての世帯に幼児教育の無償化が適用されるのは不公平という意見もあります。また、そのような予算があるなら、保育士などの教員の給料や待遇向上のために用いて教育者の人材を確保するほうが良いという考えもあるのです。このような意見を分ける幼児教育の在り方について考えてみましょう。